SECCON Beginners CTF 2020 結果

2020年5月23日(土)〜24日(日)にSECCON Beginners CTF 2020を開催しました。

本CTFは主に日本のCTF初心者〜中級者を対象とした CTF であり、今年は例年より多い 1070 チームの参加がありました。
6月中旬ごろまでは問題サーバも公開しておく予定です。ぜひご活用ください。
なお競技中とは異なり、問題サーバに障害が発生したとしても、運営としては一切の対応を行いません。予めご了承ください。

結果

上位 20 チームは以下の通りです。

順位 チーム名 ポイント
1 Goburin' 5205
2 katagaitai 5203
3 KUDoS 5135
4 うどんとぴざとねこ 4944
5 nkj 4723
6 superflip 4662
7 noobs 4320
8 Little Twoos 4252
9 katsudon14 4248
10 広田空 4233
11 Frontier Turtle 3940
12 presecure 3823
13 Wani Hackase 3732
14 Contrail 3570
15 PROGLOVE 3530
16 YOKARO-MON 3500
17 Team JM 3500
18 h_noson 3445
19 5minworkers 3409
20 ommadawn46 3402

問題難易度について & 今後の学習の指針

今回は複数人チームでも満足いただけるように分量・難易度の設定をしました。ただ今回は運営チームの想定よりもお一人で参加された方が多くいらっしゃいました。
そのような方々の場合、時間の都合上全ての問題に着手するのが難しかったのではないかと思います。
もし大会期間中に触れなかった問題があれば、6月中旬までの問題サーバが公開されている期間のうちに、ぜひ改めて挑戦してみてください。

また今回は問題の想定難易度を示すために、各問題に「Beginner」「Easy」「Medium」「Hard」の4種類のタグを付与していました。

このうちBeginnerタグがついた問題(計5問)はコンピュータに関する基礎的な知識や古典的な脆弱性について問うものでした。
これが解けていればCTFを楽しむのに必要な最低限の知識や検索能力はあるといえます。Beginnerタグがついた問題の中に解けていないものがあれば、ぜひ積極的に復習してみてください。

Easyタグがついた問題 (計8問) はBeginnerタグがついた問題と要求される知識レベルこそ変わらないものの、若干のパズル要素が含まれた問題でした。

ふつうCTFでは純粋な知識だけが問われることはほとんどなく、このような「ひねり」が含まれていることがほとんどです。
CTF的な発想力を身につけるためにも、ジャンルを問わず解いてみることを勧めます。

MediumタグやHardタグがついた問題(計10問)は一般的なCTFで出題されてもおかしくない、知識と思考力の両方を要求される問題でした。

他CTFで戦えるだけの知識・思考力を身につけるためには、このタグがついている問題に改めて挑戦してみるといいかもしれません。

< 前へ

第3回 SECCON Beginners CTF(5月23日)開催終了しました